よかよかブログからWordPressへお引っ越し その3

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

さぁWordpressへお引っ越し本番

準備はできました

コンテンツデータのインポート(取り込み)と画像の転送です。

ここで必要なものはFTPソフトとWordpressプラグイン

FTPソフトについてはここでは触れません、ご自分に合うFTPソフトをお使いください。

WordPressプラグインというのは、管理画面にあるツール>インポートの画面

設定ツールインポート

ここのMovable TypeとTypePadを選ぶとインポートツールをインストールする画面が表示されます。これはインポートの為のプラグインと呼ばれる機能追加ツールです。

インポートツールインストール

注意が出ていますが、選択肢はないし問題なく動きますので いますぐインストール を押してインストールしてください。

インストールが終わると

プラグインを有効化してインポートツールを実行 | インポートツールへ戻る

と出ますが、ここはそのままで構いません。

もう一つやらなければいけない作業があるので、そのまま右の管理画面メニューのプラグイン>インストール済みプラグインへ移動します。

次に今インストールしたMovable Type and TypePad Importerの編集をします。

プラグインメニューの下にある 設定|編集|削除 と並んでいる編集をクリックします。

FTPソフトとエディターで修正して上書きした方が良いのですが、慣れなくて不安がある方は、Wordpress内のエディタだと行番号が出なく、とてもわかりにくいですが終わりから探すと見つけやすいかもしれません、注意して見つけてください。

ちなみにこのファイルは/wp-content/plugins/movabletype-importer/movabletype-importer.phpです。

WordPressの編集で行う場合は

エディターの横、右上でwp-content/plugin/movabletype-importerが選択されていることを確認してくだいさい。

wp-content/plugin/movabletype-importerを編集

456行目の¥nを<br/>に書き換えて保存します。

これをしないと改行のない本文になってしまいます。

空白行だけでなく、文末でも改行を入れたい場合は、455行目のif( !empty($line) )も//でコメントアウトをしておきます。これもやっておいた方が良いと思います。

以下の様に2ヵ所の変更をします。わかりやすいように書き替える$line .= “\n”;はコメントアウトにしています。残しておく必要はありません。

				// Processing multi-line field, check context.

				//if( !empty($line) )
					//$line .= "\n";
					$line .= "<br />";

これで全部の準備完了!です。

後は画像をインポートデータのimgタグで指定した場所へFTPソフトでアップロード。

次にプラグインでMovable Type and TypePad Importerを有効化し修正したデータファイルをアップロードしてインポートします。

方法は、プラグインを有効化し、ツール>インポート>MovableType and TypePadをクリック。

アップロードの次画面で現在ログインしているユーザで投稿したことにするのか、それとも新しくデータ内にあるAuthor(ユーザ)を作った上で処理するのか、それともログインしてない別のユーザの投稿とするのか?選択が出来ます。

適切に選択した後、Submit を押せばインポート作業が終わります。

インポート終わり

All done. Have fun! とメッセージが出れば終了です!

データが多い場合などは分割するなどの処理をした方が良いと思います。

諦めないといけない事

書き出しのデータにはタグの情報がありません。

ここはこれを機会にタグのつけ直し、またパーマリンクの付け方次第ですがカテゴリーの付け直しも検討しても良いかもしれません。

========================================================

Yoshihara.Labより

3回に分けてよかよかブログからのお引っ越し方法を書きました。

WordPressの豊富なテーマからお気に入りのものを見つけていろいろ変えてもいいですし、便利なプラグインも揃っています。

手を加えて自分好みのサイトに仕上げていくのは、楽しいものです。

お好きな方であれば自分のオリジナルなテーマを作ってみたり、いろいろなプラグインで機能を追加するのも良しです。

そして何よりインターネットビジネス活用の基本基礎はWEBサイトです。

流行のSNSにしても基礎のWEBサイトが無いとまったく力が発揮できません。

このサイトでは少しでもヒントになる情報を今後とも載せていきたいと思います。

Share.

Comments are closed.