WordPress3.7の自動アップデート機能をコントロールする方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

Wordpress3.7バッククラウンド更新WordPress3.7ではバックグラウンドでアップデートが実行されるようになりました。

これは放置気味や特定の管理者のいないサイトでは嬉しい機能です

デフォルトではプラグインは手動アップデートは手動ですが、これも自動的にやって欲しいサイトもあるでしょう。

ただし、ガリガリにカスタマイズしたファイルを多用している場合には有り難迷惑にもなりかねます。

いろんな事情の中、ある程度コントロールする方法がありますので、書き残しておきます。

すべての自動化を停止

これをやると、自動アップデート機能を完全に停止させますがせっかくのセキュリティー確保の為のアップデートを利用しないということになります

手動でアップデート時に書き換えられということもあるので、管理責任者が存在して常にメンテナンス可能なサイトでは良いでしょう

以上の2点からもあまりオススメではありません。

wp-config.php

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

おすすめの方法

functions.phpでコントロールする

auto_update_$typeフィルタを使います。

微調整用のフィルタがあります。

allow_dev_auto_update_$type

allow_minor_auto_update_$type

allow_dev_major_update_$type

ショートハンド 無効:__return_false 有効:__return_ture

例をあげます

すべての更新を無効にする

wp-config.phpですべてを無効化する方法はあまりおすすめではありませんが、とにかく自分でコントロールしたい。と言う場合には

add_filter( 'automatic_updater_disabled', '__return_true' );

マイナーアップデート自動更新を無効にする

add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_false' );

メジャーアップデート自動更新を有効にする

add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_true' );

プラグインの自動更新を有効にする

add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' );

テーマの自動更新を有効にする

add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' );

 

詳しくは WordPressCodex日本語版ページでご確認ください。

Share.

Comments are closed.